フラワーコラム

アネモネの花言葉を紹介!知っておきたい怖い意味とは

アネモネの花言葉 怖い意味があるって本当?

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

コロンと丸い花姿がかわいらしい、アネモネのお花。
「綺麗な見た目に反して、花言葉が怖い」と聞いたことがある方ももいるかもしれません。

今回は、アネモネの花言葉について詳しく紹介していきます。
「怖い」と言われる花言葉やその由来のほか、色別のポジティブな意味を持つ花言葉についても解説します。
お花のプレゼント選びの際には、ぜひ参考にしてください。

こんな方におすすめ

  • アネモネの花言葉を知りたい
  • アネモネをプレゼントしたいと思っている

アネモネ全体の花言葉は「はかない恋」「見放された」など

アネモネの基本的な花言葉は「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」など。
たしかに少し悲しく、怖い花言葉ですね。
プレゼントとして渡す際には、誤解を招かないようメッセージを添えた方がベターかもしれません。

華やかで可憐な花の見た目からは想像できないような花言葉を持つアネモネ。
なぜこのようなネガティブな花言葉がつけられたのでしょうか。

アネモネの怖い花言葉の由来

アネモネの怖く悲しい花言葉は、2つのギリシャ神話に由来すると言われています。

1つ目のギリシャ神話は、愛の女神と呼ばれる「アフロディーテ」にまつわる物語です。
彼女はある日、キューピッドの矢を受け、ある少年に恋をしてしまいます。
彼女の恋人の戦いの神「アレス」は、嫉妬心から猪に返信し、少年を襲います。少年の脇腹を猪の牙が裂き、流れた血に女神は神酒ネクターを注ぎました。
すると血が泡立ち、赤い花が咲きました。それがアネモネだと言われているのです。

2つ目のギリシャ神話は、 風の女神と呼ばれる「ゼフィロス」にまつわる物語です。
彼は妻の侍女のアネモネに恋をしてしまいます。夫の気持ちに気づいた妻は、アネモネを神殿から追い出してしまいます。
悲しみに暮れて日に日に弱るアネモネを哀れに思い、またそばに置いておくために、ゼフィロスは侍女のアネモネを一輪の花に変えたと言われています。

このような切なく悲しい神話があることから、アネモネには「恋の苦しみ」「見捨てられた」「消えゆく希望」などの花言葉がつけられているのです。

色別のアネモネの花言葉

怖く悲しい花言葉を持つことから、プレゼントには不向きだと思われがちなアネモネのお花。
しかし、アネモネの花言葉はネガティブなものだけではありません。

色別に見てみると、プレゼントにもぴったりなポジティブな花言葉もたくさんあるんです。

赤いアネモネの花言葉

赤いアネモネの花言葉は「あなたを愛している」「燃え上がる情熱」です。
鮮やかな赤色から連想されるイメージそのままの花言葉ですね。

気になる人に想いを伝えたい時や、プロポーズの際に贈るのにぴったりですね。
そのほか、恋人や配偶者に日頃の感謝と愛情の気持ちを込めたプレゼントとしてもおすすめです。

白いアネモネの花言葉

白いアネモネには「希望」「期待」「真実」といった花言葉があります。
純潔な白色から想起されるような言葉が多いですね。

このようなポジティブな花言葉を持つ白いアネモネのお花は、ウェディングブーケにも使われることが多いです。
可憐ながら存在感のあるアネモネは、花束の良いアクセントになります。

青いアネモネの花言葉

青いアネモネの花言葉は「固い誓い」です。
恋人や夫婦間での贈り物に最適な花言葉ですね。

落ち着いた深みのある青色は、男性へのプレゼントとしても選びやすいでしょう。

ピンクのアネモネの花言葉

ピンクのアネモネには「希望」「待ち望む」という花言葉があります。

心が落ち着くようなピンクのアネモネ。
「希望」というメッセージも兼ねて、試験や試合などに挑戦する人へのプレゼントや、お見舞いの品として贈りたいお花です。
「待ち望む」という花言葉は、片想い中の相手へのプレゼントとしても良いでしょう。

紫のアネモネの花言葉

紫のアネモネには「あなたを信じて待つ」という花言葉があります。

遠距離恋愛中の相手や、仕事が忙しくてなかなか会えない恋人に対して一途な気持ちを表すことができます。
シックな印象の紫のアネモネのお花は、年上の人や家族へもプレゼントしやすいですね。

黄色のアネモネの花言葉

黄色やオレンジのアネモネは、まだ特定の花言葉を持っていません。

「はかない恋」「恋の苦しみ」「見放された」「見捨てられた」といった、アネモネ全般に共通する花言葉を持つと考えておきましょう。

アネモネの花言葉は本数によって違う?

一輪ではなく、花束でのプレゼントを選ぶときに気になるのが、「本数によって花言葉は変わるのか」ということですよね。

結論から言えば、アネモネのお花は渡す本数によって花言葉の意味が変わることはありません
バラの花の場合は、「1本で『一目ぼれ』」「101本で『結婚して下さい』」というように本数によって異なる意味を持ちます。
しかし、それはバラの文化。
アネモネは、何本でも花言葉が変わることはありません。
花言葉に気持ちを込めたい場合は、本数は気にせず、色で選ぶと良いでしょう。

この記事を参考に、アネモネの花言葉をしっかり理解して、それぞれのシチュエーションに最適なプレゼントをしてみてください。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-フラワーコラム