フラワーコラム

チューリップの花言葉って?由来や色別に込められた意味も紹介

チューリップの花言葉 色別の意味・怖い花言葉も

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

春に咲くお花の代名詞ともいえるチューリップ
「花好きなあの人へプレゼントしたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか。

今回は、チューリップの花言葉について詳しく紹介していきます。
色によって異なる花言葉や、プレゼントの際に注意が必要なネガティブな花言葉についても解説します。
チューリップを購入する際やプレゼントとして選ぶ際には、ぜひ参考にしてください。

こんな方におすすめ

  • チューリップの花言葉を知りたい
  • チューリップをプレゼントとして贈りたい

チューリップの基本的な花言葉は「思いやり」「博愛」

チューリップの基本的な花言葉は「思いやり」「博愛」です。
「思いやり」という花言葉は、オランダに伝わるある伝説に由来すると言われています。

チューリップの花言葉の由来

昔、オランダのある村で美しい少女が暮らしていました。
ある日現れた3人の騎士が、同時にその少女に恋をしてしまい、それぞれの家宝の「王冠」「剣」「黄金」を彼女にプレゼントします。

しかし、思いやりのある彼女は3人の中から1人を選ぶことはできませんでした。
そこで女神に「自分を花にしてほしい」と頼み、これにより少女はチューリップの姿に変わってしまいました。

3人の騎士から贈られた「王冠」が花に、「剣」が葉に、「黄金」が球根になり、チューリップの形がつくられたと言われています。

このような優しい少女のエピソードから、チューリップには「思いやり」「博愛」という花言葉がつけられたのです。

色別のチューリップの花言葉

このように、素敵な花言葉を持つチューリップ。
色別に詳しく見てみると、さらに多様な花言葉を持っていることもわかります。
色別のチューリップの花言葉について見てみましょう。

赤のチューリップの花言葉

赤のチューリップには「愛の告白」「真実の愛」という花言葉があります。
赤いお花には、愛を象徴するような言葉がつけられることが多く、チューリップも例外ではありません。
​​愛情や情熱を感じさせる、赤色のイメージそのままの花言葉ですね。

太陽に照らされて艶やかに輝く赤のチューリップは、愛に溢れているように見えます。
恋人や夫婦間のプレゼントや、好きな人に気持ちを伝える際に渡すのにぴったりなお花でしょう。

ピンクのチューリップの花言葉

ピンクのチューリップの花言葉は「愛の芽生え」「誠実な愛」です。
初々しさや優しさ、美しさ、女性らしさを連想するピンクのカラー。
花言葉も、優しく淡い恋心を表してくれるような意味ですね。

気になる人へさりげなく気持ちを伝えたい時大切な人へ変わらない気持ちを伝えたい時に最適です。

黄色のチューリップの花言葉

黄色のチューリップには「正直」「望みのない恋」「高慢」という花言葉が託されています。
少しネガティブな意味が含まれていることが気になりますね。

「正直」という花言葉は、太陽や光をイメージさせるようなポジティブな意味です。
朗らかで嘘のないイメージから、この花言葉がつけられたと考えられています。

一方で、ヨーロッパではかつて「黄色」を「裏切り」の色とみなす文化がありました。
このようなイメージにより、黄色いチューリップには「望みのない恋」「高慢」といったマイナスな花言葉がつけられたと考えられます。
他のお花でも、黄色はネガティブな花言葉を持つものが多いですね。

オレンジのチューリップの花言葉

オレンジのチューリップの花言葉は、「照れ屋」「花嫁の喜び」です。
嬉しく照れて、頬をオレンジ色に染める様子が連想されますね。

「花嫁の喜び」という花言葉は、結婚祝いウェディングブーケにもぴったりです。

白いチューリップの花言葉

白色のチューリップの花言葉は「新しい愛」「失われた愛」です。

「新しい愛」は、純白・無垢・新しさを表す白色からイメージされる言葉です。
新しく付き合い始めた恋人に、「これからよろしくね」という気持ちを込めて贈りたいですね。

「失われた愛」は、白色が持つ浄化のイメージから付けられたと考えられます。
プレゼントとして贈るときは、誤解のないようメッセージを添えると良いでしょう。

紫のチューリップの花言葉

紫のチューリップの花言葉は「不滅の愛」です。
紫色には「永遠」「神秘」を連想させる効果があると言われており、そのイメージからきていると言われています。

また、西洋では「royalty(高貴)」という花言葉もあるとされています。
これは、かつては紫の染め物をつくることが困難で、紫色は最高位の位階を表すものとされていたことに由来します。

付き合いの長いカップルや夫婦でのプレゼントのほか、年上の上品な方への贈り物として最適でしょう。

黒いチューリップの花言葉

黒いチューリップの花言葉は「私を忘れて」です。
プレゼントにはあまり適さない花言葉ですね。

黒は死を連想させたり、土に還るといった意味があったりする色です。
このようなネガティブな色のイメージから、この花言葉がつけられたと考えられます。

シックでおしゃれな印象ですが、人に渡す際には注意が必要です。

知っておきたいチューリップの怖い花言葉

色によってさまざまな花言葉を持つチューリップ。
最後に、プレゼントの際に注意したい、怖い意味の花言葉をまとめておきましょう。

以下のカラーのチューリップには、それぞれネガティブな意味が含まれます。

黄色のチューリップ 「望みのない恋」「高慢」
白いチューリップ 「失われた愛」
黒いチューリップ 「私を忘れて」

これらの色のチューリップを贈る際には、誤解を生まないようにメッセージカードを添えたり渡す際に言葉で気持ちを伝えてあげると良いでしょう。

この記事を参考に、シチュエーションにぴったりなチューリップを選んでください。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-フラワーコラム