フラワーコラム

ガーベラの花言葉って?色別の意味やおすすめのシチュエーションを紹介

ガーベラの花言葉 色別の意味を紹介!怖い花言葉はある?

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

親しみやすくて、愛らしいガーベラのお花。
明るい雰囲気が人気で、ブーケやフラワーアレンジメントなどにも良く使われるお花です。

この記事では、ガーベラの花言葉について、色別に詳しく紹介していきます。
花言葉を踏まえて、どんなシチュエーションに何色のガーベラがおすすめかも解説しているので、プレゼントでのお花選びにお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。

こんな方におすすめ

  • ガーベラの花言葉について知りたい
  • 何色のガーベラをプレゼントすれば良いか迷っている

色別に見たガーベラの花言葉の意味

ガーベラ全般の花言葉は、「希望」「常に前進」です。
元気いっぱい、ポジティブな印象そのままの花言葉ですね。

また、ガーベラは色によっても異なる意味の花言葉を持っています
ここからは、色別の花言葉について詳しく紹介します。

赤いガーベラの花言葉

はっきりとした色合いで、パッと目を引く赤いガーベラには、「前向き」「限りなき挑戦」などの花言葉があります。
情熱的で、パワフルな印象を持つ赤色の印象にぴったりな花言葉ですね。

そのほか、赤いガーベラは「燃える神秘の愛」という花言葉も持っています。
これは、鮮やかな赤い花びらと中心の黒い部分のコントラストに由来していると言われています。

ポジティブな花言葉を持つ赤いガーベラは、受験や試合、試験などを控えた人や、病気の人、出産を控えている人など、何かに向けて頑張っている人を応援する際のプレゼントに最適です。

ピンクのガーベラの花言葉

ふんわりと優しく色づくピンクのガーベラの花言葉は、「感謝」「思いやり」「神秘」「崇高な愛」などです。
淡いピンク色から連想されるイメージ通りの言葉ばかりですね。

「感謝」という意味を込められるため、何かのお礼でお花を送る際や、両親や家族などに「いつもありがとう」の気持ちを伝えたい際にもおすすめです。

オレンジのガーベラの花言葉

ビタミンカラーでエネルギッシュな印象のオレンジのガーベラの花言葉は、「冒険心」「我慢強さ」「神秘」です。

「冒険心」という花言葉は、見ているだけで明るい気持ちになれる、太陽のようなオレンジのガーベラのイメージそのまま。
これから新しいことに挑戦する人や、入学式・入社式などの新生活を迎える人への贈り物として最適ですね。

また、「我慢強さ」という花言葉も持つため、退職祝いなどの節目のお祝いとしても良いでしょう。

白いガーベラの花言葉

清廉な白いガーベラの花言葉は、「希望」「純潔」「律儀」です。

何色にも染まっていない、白色ならではの花言葉ですね。
「希望」「純潔」という花言葉を持つことから、白いガーベラは結婚式などで使われることも多いお花です。

花言葉に注目しても、贈る相手を問わず、プレゼントしやすいと言えるでしょう。
花束などを作る際に白いガーベラを入れてあげると、とても優しい印象になりますよ。

黄色のガーベラの花言葉

黄色のガーベラの花言葉は、「究極の美しさ」「究極の愛」「親しみやすさ」「やさしさ」です。

発色が良く、他の色のお花と組み合わせてもパッと目を引く黄色のガーベラ。
その存在感の大きさから「究極の美」「究極の愛」といった意味がつけられたと言われています。

ロマンティックな花言葉は、夫婦や恋人の間での記念日のプレゼントに最適です。

青いガーベラの花言葉

青いガーベラの花言葉は、「神秘」です。

実は、青の花びらを自然に咲かせるガーベラの品種は存在しません。
特別な染料を吸わせることで、 白色のガーベラを青色に染色して作られています。

自然界にないはずの、貴重な青いガーベラは花言葉通り「神秘」ですね。
特別な人に想いを伝える際などに選んでみると、雰囲気を盛り上げてくれそうです。

ガーベラの花言葉は本数によっても違う?

花束でガーベラをプレゼントする際には、「本数によって意味が変わってきてしまうのでは?」と不安になることもありますよね。

しかし、ガーベラは本数によって花言葉の意味が変わることは、基本的にはありません
バラの花であれば、例えば「6本=あなたに夢中」「100本=100%の愛」「108本=結婚してください」といった意味を持たせることができます。
しかしこれはバラ特有の文化です。
ガーベラでは本数を変えても、意味は特に変わりません。

ただし最近では、「バラ以外でも、バラと同じように本数ごとに意味を持たせられる」という考え方もあるようです。
ガーベラの花束の本数に意味を込めたい場合は、言葉を添えてプレゼントしても良いかもしれませんね。

ガーベラには怖い意味を持つ花言葉がない!

花言葉は必ずしもポジティブなものばかりではないため、プレゼントとして選ぶ際には「ネガティブな意味の花言葉を持っていないかな?」と不安になるかもしれません。

しかし、ガーベラには特に怖い意味を持つものや、ネガティブな印象の花言葉はありません

「黄色のお花の花言葉には注意」と聞いたことがある人も多いでしょう。
確かに黄色いカーネーションには「嫉妬」、黄色いバラには「嫉妬」など、プレゼントには適さない花言葉を持つものもあります。

しかし上で見た通り、黄色のガーベラの花言葉は「究極美」「親しみやすさ」など、とってもポジティブ。
安心してプレゼントとして選ぶことができます。

花言葉を気にすることなく好きな色を選べることも、ガーベラの大きな魅力ですね。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-フラワーコラム