花図鑑

バラ「ファンファール」の色や咲き方の特徴とお手入れ方法

バラ品種図鑑「ファンファール」

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

ファンファール」は、真紅のビロードの質感の花びらがとても上品なバラの品種です。
気品のある色合いと高芯咲きで、赤いバラの中でもとても人気の高いお花です。

この記事では、バラ「ファンファール」の見た目や咲き方の特徴、お手入れ方法、プレゼントの際に役立つ花言葉について紹介していきます。

バラ「ファンファール 」の主な特徴

  • エレガントな真紅のカラー
  • ビロードのような厚みのある花びら
  • スプレー咲き品種でボリューム感も楽しめる

バラ「ファンファール 」の特徴

特徴早見「ファンファール」色・タイプ・咲き方etc

真紅
タイプ スプレータイプ
咲き方 剣弁高芯咲き
香り 微香
サイズ 中輪
出回り時期 通年
主な生産地 愛知県

バラ・ファンファールの特徴は上の通りとなっています。
花びらの質感や色、咲き方の特徴について、詳しく見ていきましょう。

エレガントな真紅のカラー

ファンファールの大きな魅力は、深い真紅のカラーの花びらです。
「バラの花」と聞いて多くの人がイメージする、気品を感じられる色合いですね。
澄んだ深みのある赤色が花びらに陰影を作り、エレガントな空気をまとっています。

また、ファンファールは乾燥させても色が抜けにくいお花で、ドライフラワーにするのもおすすめです。
乾燥させると色味がさらに深くなり、よりシックな雰囲気を楽しむことができますよ。

ビロードのような厚みのある花びら

ファンファールの花びらは、ビロードのような厚みがあります。
一方で花びらの数は少なめであるため、軽やかな印象も持っています。

剣弁高芯咲き」と呼ばれる咲き方で、剣のように先がとがった花びらを巻き上げ、上を向いて咲きます。
色合いも咲き方も、気品を感じさせる「バラ」というお花のイメージそのもので、赤いバラの中でもとても人気のお花です。

スプレー咲き品種でボリュームを楽しめる

通常、バラは1本の茎から1つのお花をつけますが、ファンファールは1つの茎から複数のお花をつける「スプレー咲き」の品種です。
1本でもボリューム感を楽しめることも人気のポイントのひとつです。
真紅のキリッとしたバラは、他のどんなお花とも相性が良く、花束やアレンジメントでも活躍してくれます。
もちろん、ファンファールを枝の部分で切り分けて、ファンファールのみのブーケを作ることもできますよ。

バラ「ファンファール」の水揚げ方法

お手入れ「ファンファール」水揚げ・お手入れ方法

ファンファールは比較的、花持ちの良いお花です。
しかし、長期間、きれいな状態で楽しむためには適切なお手入れが欠かせません。
具体的には、花瓶に飾る前に「水揚げ」をしてあげることで、お花に水が行き渡り綺麗に咲いてくれます。

ファンファール の水揚げ方法

  • 不要な葉や外側の花びらを落とす
  • 茎の先端を斜めにカットする
  • 深水に浸けて1時間ほど待つ

不要な葉や外側の花びらを落とす

水揚げを行う前に、まずは茎についている余分な葉を取り除きましょう。
葉がついたまま活けてしまうと、栄養が葉に渡ってしまい、お花に元気がなくなりやすくなります。
また、ファンファールは棘が少ないお花ですが、もし棘があった場合には最初に取り除いてください。
加えて、外側の花びらはお花が成長する過程で傷ついてしまいやすいため、カットしておくと良いでしょう。

茎の先端を斜めにカットする

余分な葉や外側の花びらを落としたら、茎の先端をカットします。
切れ味の良いハサミなどを用意して、断面が斜めになるように切ってください。
これにより断面が広くなり、さらに新鮮な状態にもなるため、水をたっぷり吸収してくれます。
花瓶に活けた後も、水替えなどのタイミングで先端から2〜3cmをカットしてあげることで、常に断面を新鮮に保つことができます。

深水に浸けて1時間ほど待つ

茎の先端をカットできたら、たっぷりの水に浸けて水が上がってくるのを待ちます。
ファンファールは茎が細く水が下がりやすいため、バケツなどに深水を用意してじっくり水揚げすることがポイントです。
1時間ほどそのままにしておくことで、水が徐々に上がってきてお花が元気に咲いてくれるようになります。

バラ「ファンファール」の花言葉

ファンファールは、「愛情」「美」「情熱」「包容力」などの花言葉を持っています。
情熱的な真紅の花びらから連想されるような言葉が並びますね。

「愛情」「美」の花言葉は、彼女や奥様など大切な女性に贈るのに最適です。
また、「包容力」という言葉を添えて、いつもお世話になっている家族や仲間へ贈るのも素敵ですね。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-花図鑑