花図鑑

ラナンキュラス「ポムロール」の特徴やお手入れ方法、花言葉を紹介

ラナンキュラス品種図鑑「ポムロール」

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

ポムロール」は、濃いグリーンのラナンキュラスの品種です。
カラフルで鮮やかなラナンキュラスには珍しいカラーで、グリーンとして使えるお花ですよ。

今回はラナンキュラス「ポムロール」特徴やきれいな花姿を保つためのお手入れ方法花言葉などを紹介します。

ラナンキュラス「ポムロール」の主な特徴

  • 葉のような光沢感のある花びら
  • バラのような花姿のスタンダード咲き
  • 吸水性は良いが、茎が腐りやすい

ラナンキュラス「ポムロール」の特徴

特徴早見「ポムロール」色・タイプ・咲き方etc

他のラナンキュラスにはない、花びらの素材感や色味で注目を集めるポムロール。
見た目が少しアーティチョークに似ており、とてもユニークですよね。

個性が光るラナンキュラスなので、アレンジに一工夫加えたいときに使いたい花材です。

濃いグリーン
咲き方 八重咲き
タイプ スタンダード
日持ち 1週間程度
香り なし
出回り時期 11月~4月
主な生産地 長野県、福岡県、香川県、宮崎県

葉のような光沢感のある花びら

ポムロールの花びらは、葉のような光沢感があって硬い質感です。
さらに、一枚一枚が厚いため、1輪でも存在感があってよく映えます。

花びらの先がかぎ爪のように少し尖っているのも、個性的でおしゃれですよね。
葉ものにはないボリューム感もあって、グリーンの花材として非常に万能です。

バラのような花姿のスタンダード咲き

ポムロールは八重咲き品種ですが、バラのようにコロンと咲く、スタンダード咲きの品種でもあります。
とくにポムロールは花びらの巻きが多く、ふっくらとした花姿をしています。

咲き進むと花の中心から黒いシベが顔を出して、少しクールな印象になるところも魅力です。

吸水性は良いが、茎が腐りやすい

ポムロールをはじめラナンキュラスは、吸水性は良いけれど、茎が腐りやすいという難点があります。

茎がみずみずしく柔らかいため、水に浸かると傷みやすく、腐ってしまうのです。
茎が腐ると導管(水の通り道)がふさがって、吸水性が悪くなるため、茎をこまめにカットして傷みを防ぎましょう。

茎が短くなっていくことで、重みのある花を支えやすくもなるので一石二鳥ですよ。

ラナンキュラス「ポムロール」の水揚げ・お手入れ方法

お手入れ「ポムロール」水揚げ・お手入れ方法

購入後のポムロールの水揚げ方法について紹介します。
ポムロールの吸水性を高めてあげることで、より長くきれいな花姿を楽しむことができますよ。

ポムロールの水揚げ方法

  • 葉はカットする
  • 茎を水に入れて、水平に切る
  • 弱っている場合は湯揚げをする

葉はカットする

まず葉が付いている場合はカットしましょう。
ポムロールは花自体がグリーンの花材として使えるので、葉はすべてカットして、すっきりと飾る方が見栄えがいいでしょう。

葉を残してもいいですが、葉に栄養が取られるので、花もちをよくするためにも取り除くことがおすすめです。

茎を水に入れて、水平に切る

つぎに茎を水に入れて、切り口から2cm上のあたりで水平に切ってください。
水揚げの際は茎を斜めに切ることが一般的ですが、ポムロールは茎が腐りやすいので、できるだけ断面を減らすために水平に切ることがおすすめです。

茎の切り口を新しくした後は、浅水(花瓶の底から3cmくらいの水量)に浸けましょう。

弱っている場合は湯揚げをする

お花が弱っている場合は、葉の処理の後は湯揚げをしてください。

まずはお花全体を新聞紙で包み、テープか輪ゴムでとめます。
この後お湯に浸けるため、茎は10cmほど新聞紙から出しておきましょう。

沸騰したお湯に茎の先端を入れ、茎の中の空気を押し出します。
20秒ほど経ったら引き上げて、変色した部分を切り、浅水に浸けましょう。

殺菌効果もあるので、茎の傷みが激しい場合でも試してみてください。

ラナンキュラス「ポムロール」の花言葉

ポムロールがもつ花言葉は、「お祝い」などです。

緑色には「安全」「成功」などの前向きなカラーイメージがあることから、おめでたいシーンにふさわしいお花として「お祝い」という花言葉が付けられました。
誕生日や記念日、開店・開業祝い、結婚・出産祝いなど幅広いお祝いのシーンで贈れるお花です。

ただし、ラナンキュラス自体に「恩知らず」というネガティブな花言葉も含まれています。
より詳しく知りたい方は、「ラナンキュラスの花言葉は?由来や色別の花言葉を紹介」をご確認ください。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-花図鑑