花図鑑

スターチス「キシュウFイエロー」の特徴や水揚げの方法、花言葉

スターチス品種図鑑「キシュウFイエロー」

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

キシュウFイエロー」(紀州ファインイエロー)は、蛍光イエローで明るい印象のスターチスです。

花もちが良く、色あせにくいことからドライフラワーとしても活躍しています。
この記事ではスターチス「キシュウFイエロー」の特徴やお手入れ方法、知っておきたい花言葉などを紹介します。

スターチス「キシュウFイエロー」の主な特徴

  • 明るい蛍光イエローが目を引くお花
  • お花(ガク)にボリューム感がある
  • 花もちが非常に良く、ドライフラワーに向いている

スターチス「キシュウFイエロー」の特徴

特徴早見「キシュウFイエロー」色・タイプ・咲き方etc

キシュウFイエローは明るいイエローが目を引くスターチスの一種です。
花もちが良く色あせにくいお花なので、ドライフラワーとしても人気があります。

キシュウFイエローの特徴は以下のとおりです。

イエロー
日持ち 非常に長い
香り なし
出回り時期 10月~6月
主な生産地 和歌山
原産地 和歌山

明るい蛍光イエローが目を引くお花

キシュウFイエローは明るい蛍光イエローが、ぱっと目を引くスターチスの品種です。
鮮やかなお色のお花をたくさん咲かせてくれるので、とても華やかな印象です。

キシュウFイエローを飾ってあるだけで、お部屋の雰囲気が明るくなりそうですね。

お花(ガク)にボリューム感がある

キシュウFイエローはガクの部分にボリュームがあるのも特徴の1つです。

キシュウFイエローの花びらのように見える部分は実は「ガク」です。
本当のお花はガクの中で小さく咲いています。

キシュウFイエローを束ねるて飾るのも、ふさふさとした質感が可愛らしくておすすめですよ。

花もちが非常に良く、ドライフラワーに向いている

キシュウFイエローは花もちが非常に良く、扱いやすいのも魅力の1つです。
お花が色あせにくいため、ドライフラワーにも向いていますよ。

日持ちするお花ですが、水に浸けている茎の部分は傷みやすいため注意しましょう。

スターチス「キシュウFイエロー」の水揚げ・お手入れ方法

お手入れ「キシュウFイエロー」水揚げ・お手入れ方法

キシュウFイエローは花もちが良く扱いやすいお花ですが、購入後は以下の手順でお手入れをするのがおすすめです。

キシュウFイエローの水揚げ方法

  • 不要な葉っぱを取り除く
  • 茎を斜めにカットする
  • 浅水に浸けて管理する
  • お花に元気がないときは湯揚げをする

不要な葉っぱを取り除く

水に浸かる部分の葉っぱを取り除きましょう

葉っぱが水に浸かると、水が腐る原因になりやすいためです。
また、葉にも栄養が必要なので、お花にお水が行き届きにくくなるおそれもあります。

できる限り、不要な葉っぱは落としてしまいましょう。

茎を斜めにカットする

茎を水中で斜めにカットします。
水のできるだけ深いところでカットすると、水圧がかかって水が上がりやすくなりますよ。

また、茎を斜めに切ることで断面積が大きくなり、お花が水を吸収しやすくなります。

浅水に浸けて管理する

茎をカットした後は、少量の水に移します

水に浸かっている部分の茎は傷みやすくなるため、浅水で管理しましょう。

お花に元気がないときは湯揚げをする

キシュウFイエローに元気がないときは湯揚げをしてあげるのがおすすめです。

お花全体を新聞紙に包んでから、茎の先端を沸騰したお湯に10秒程度浸けましょう。
その後すぐに浅水に移します。

茎の中の空気が抜けるため、お花が水を吸いやすくなりますよ。

スターチス「キシュウFイエロー」の花言葉

キシュウFイエローの花言葉は「誠実」「愛の喜び」です。

大切な人に自分の気持ちを伝える際にぴったりな花言葉ですね。
スターチスは花びらが散った後も美しいガクが残りやすいため、贈ったお花を長く楽しんでもらえるのも魅力です。

恋人やパートナーにプレゼントとして贈ってみてはいかがでしょうか。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-花図鑑