花図鑑

バラ「イリオス」色や香りの特徴・水揚げ方法を解説

バラ品種図鑑「イリオス」

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

イリオス」は、爽やかなレモンイエローの花びらが印象的なバラの品種です。
色や香りが上品で、プレゼントとしても人気のお花です。

この記事では、バラ「イリオス」の特徴や水揚げ方法、花言葉をご紹介します。
お花を仕入れる際や購入する際、ぜひ参考にしてみてください。

バラ「イリオス」の主な特徴

  • 明るいレモンイエローの花びら
  • 紅茶の葉を思わせる上品な微香
  • 花びらに厚みがあって丈夫

バラ「イリオス」の色や香りの特徴

特徴早見「イリオス」

バラ「イリオス」には、以下のような特徴があります。

黄色
タイプ スタンダード(STD)
サイズ 大輪
咲き方 半剣弁高芯咲き
開花速度 ゆっくり
香り 微香(紅茶の葉のような上品な香り)
出回り時期 通年
主な生産地 青森県、静岡県、栃木県、愛知県
日持ち 1週間程度

スタンダードタイプで、高芯咲きと呼ばれるバラらしい咲き方をするイリオス。
色や香りの爽やかさのほか、花びらが丈夫で日持ちしやすい点も人気の理由でしょう。

明るいレモンイエローの花びら

イリオスの花びらは、明るいレモンイエロー。
花びらの中心はやや濃い黄色で、外側の花びらはうっすらとグリーンが入ったような色合いです。

とても爽やかで、空間をぱっと明るくしてくれる色合いですね。

紅茶の葉を思わせる上品な微香

イリオスの花びらに顔を近づけると、紅茶の葉のような上品な香りが鼻腔をくすぐります。

部屋いっぱいに広がる強い香りではなく、鼻を近づけるとふんわり香る程度の微香ですので、万人受けしやすいでしょう。
バラの強い香りが苦手な方や、男性にもおすすめできるお花です。

花びらに厚みがあって丈夫

イリオスの花びらは、硬めでパリッとした質感
色の薄いバラは痛みやすい傾向にありますが、イリオスの花びらは厚みがあって丈夫なため、扱いやすい品種です。

上品なフリルの入った花びらは最後まで開き切らず、美しい花形を保ってくれます。

バラ「イリオス」の水揚げ・お手入れ方法

イリオスのお手入れ方法

イリオスはバラの中でも花もちがよい品種ですが、適切な水揚げやお手入れをしてあげることで、より長持ちさせることが可能です。

具体的な水揚げの手順は以下のとおりです。

水揚げ手順

  • 葉とトゲを取り除く
  • 茎を斜めにカットし、水揚げ促進剤につける
  • 深水につけておく

葉とトゲを取り除く

余分な葉やトゲは最初に取り除いておきましょう。
特に水に浸かる部分の葉はすべてカットしておきます。

葉を残しておくと水が下がりやすく、花に元気がなくなる場合がありますので、できるだけ少なくしておきましょう。

茎を斜めにカットし、水揚げ促進剤につける

茎を水中で斜めにカットした後、切り口を水揚げ促進剤に数秒間つけましょう。

水揚げ促進剤の使用は必須ではありませんが、使った方が水あがりが良くなります。

深水につけておく

茎を水揚げ促進剤につけた後は、花首の下までつかる程度の深水につけておきましょう。

最低でも1時間以上は深水につけ、水がしっかりとあがるのを待ちます。

花に元気がない場合は湯揚げを!

イリオスの花びらにハリがない・軽くしおれているなど元気がない場合は、「湯揚げ」も有効です。

新聞紙で花・茎全体をきつく巻き、切り戻した茎の切り口を熱湯に30秒ほどつけましょう。
熱湯につけた茎は切り戻し、深水につけておきます。

バラ「イリオス」の花言葉

イリオスのような黄色いバラには、「美」「友情」「平和」「献身」などの花言葉が込められています。
大切な友人やパートナーに贈るプレゼントとしてぴったりの花言葉ですね。

一方で、「嫉妬」「薄らぐ愛」など、やや不吉な意味も持っています。
ポジティブな花言葉・ネガティブな花言葉の両方をもつお花ですので、贈る際はお花に込めた想いをメッセージカードなどに記しておくのがおすすめです。

バラの色別・本数別の花言葉一覧はこちら

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-花図鑑