花図鑑

イキシア「イキシャピンク」の花びらの色や花形、お手入れの方法

イキシア品種図鑑「イキシャピンク」

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

イキシャピンク」は、ピンク色の花を咲かせるイキシアの品種です。

細くて丈夫な茎を持っており、扱いやすいお花です。

この記事ではイキシア「イキシャピンク」の特徴やお手入れ方法、知っておきたい花言葉などを紹介します。

イキシア「イキシャピンク」の主な特徴

  • 華やかで可愛らしいピンク色
  • すらりとした縦長で丈夫な茎
  • 下から順に開花し、複数のお花を咲かせる

イキシア「イキシャピンク」の特徴

特徴早見「イキシャピンク」色・タイプ・咲き方etc

イキシャピンクは、ピンク色のお花をたくさん咲かせるイキシアの品種です。
小ぶりで可愛らしい花姿が魅力的なイキシャピンクの特徴を以下の表にまとめました。

ピンク
咲き方 一重咲き
日持ち 1週間程度
出回り時期 4月~6月
主な生産地 千葉県

華やかで可愛らしいピンク色

イキシャピンクは名前のとおり、ピンク色の花びらを持つイキシアの一種です。

楕円上のつぼみが徐々に色づいてピンク色のお花を咲かせるため、色の変化を楽しめるのも嬉しいポイントですね。

イキシャピンクは小ぶりなサイズ感なので、花束やアレンジメントのサブ花材としても人気がありますよ。

すらりとした縦長で丈夫な茎

イキシャピンクは細くて長い茎を持つ品種です。
茎の長さを活かした生け花やフラワーアレンジメントなどでも活躍していますよ。

すらりと伸びた茎の縦長のラインが、華奢で上品な印象のお花です。

下から順に開花し、複数のお花を咲かせる

イキシャピンクは茎の先に穂状にお花を咲かせます。

下から順に咲き進み、徐々にお花が開花します。

品がある佇まいのイキシャピンクを束ねて飾るのも、落ち着いた雰囲気を楽しめておすすめですよ。

イキシア「イキシャピンク」の水揚げ・お手入れ方法

お手入れ「イキシャピンク」水揚げ・お手入れ方法

イキシャピンクは元々、水上がりが良いお花ですが、購入後は以下の手順でお手入れをしてあげるのがおすすめです。

イキシャピンクの水揚げの方法

  • 茎を水中で斜めに切る
  • 適量の水に浸けておく
  • 葉が黄色くなったら適宜カットする

茎を水中で斜めに切る

イキシャピンクの茎を水中で斜めにカットします。

なるべく水の中の深いところで切ると水圧がかかりやすく、よりお花に水が上がりやすくなります。
また、茎を斜めに切ることで断面積が大きくなりお花が水を吸いやすくなりますよ。

適量の水に浸けておく

茎の先端をカットしたら、適量の水に浸けてあげましょう。

イキシャピンクは水上がりが良いお花です。
お水がなくならないように、こまめにチェックしてあげてくださいね。

葉が黄色くなったら適宜カットする

イキシアの葉が黄色く変色することがあります。

より長く美しい花姿を楽しむためには、黄色くなった部分を適宜カットしてあげてくださいね。

イキシア「イキシャピンク」の花言葉

イキシャピンクの花言葉は「誇り高い」「秘めた恋」「団結」です。

「誇り高い」や「団結」の花言葉は、イキシアの剣のような形をした葉や、穂状に花を咲かせる花姿が由来になっているといわれています。
チームで頑張っている人や、努力する姿が魅力的な人にプレゼントするのにぴったりなお花ですね。

また、イキシアは「秘めた恋」という花言葉も持っています。
複数の花言葉を持つお花なので、プレゼントの際には伝えたい気持ちをメッセージカードに添えて贈るのがおすすめですよ。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-花図鑑