花図鑑

スイートピー「グレース」の特徴や水揚げ方法、花言葉を紹介

スイートピー品種図鑑「グレース」

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

グレース」は、淡い紫色の花びらをもつスイートピーの品種です。
フリルを思わせるふわっとした花びらに、甘い香りが魅力的な花です。

今回はスイートピーグレース」の特徴や水揚げ方法、プレゼントの時に役立つ花言葉などを紹介します。

スイートピー「グレース」の主な特徴

  • フリルのような優雅な花びら
  • 甘くフルーティーな香り
  • 透明感のあるラベンダーカラー

スイートピー「グレース」の特徴

特徴早見「グレース」色・タイプ・咲き方etc

グレースは、美しく上品な色味の花です。
秋口から春先まで約半年ほど出回っており、その上品かつ華やかな見た目からプレゼントに贈る花として人気があります。

フルーティーな香りが楽しめることも魅力の1つです。

薄紫色
咲き方 一重咲き
日持ち 1週間程度
香り 微香(甘くフルーティーな香り)
出回り時期 11月~4月
主な生産地 愛知県、大分県、宮崎県

フリルのような優雅な花びら

英語で「grace」=「優雅さ」「美しさ」の意味を持つグレース。
その名の通り、フリルのような花びらが特徴的なスイートピーです。
ヒラヒラと舞う蝶のように軽やかで華やかな雰囲気は、春のフラワーシーンにふさわしい花です

甘くフルーティーな香り

グレースは、その見た目に似合う、華やかな香りを持つお花です。
なんといっても、バラやブドウを連想させる甘くフルーティーな香りが魅力的。
お世話をする度に香りが広がり、癒しをもたらします。

透明感のあるラベンダーカラー

グレースは、淡い紫色の花びらが特徴的です。
花びらが薄くふんわりとしたつくりであるため、透明感のある雰囲気をまとっています。
日の当たり方によって表情が変わる花なので、窓辺に置いて鑑賞を楽しむのもおすすめです。

スイートピー「グレース」の水揚げ・お手入れ方法

お手入れ方法「グレース」水揚げ・お手入れ方法

スイートピーの日持ちは1週間ほどですが、より長く楽しむための適切なお手入れ方法もあります。

オススメのお手入れ方法をご紹介します。

グレースの水揚げ方法

  • 茎を斜めにカットし、よく水を吸わせる
  • 弱っている場合は湯揚げする
  • 風通しの良い場所に置く

茎を斜めにカットし、よく水を吸わせる

水中に茎を入れた状態で先端を2cmほど、ハサミやナイフで斜めにカットしてください。
また、輸送中に茎の先端から雑菌が繁殖することも。
雑菌の侵入を防ぐためにも、カットする長さを短くしすぎないよう注意してください。

弱っている場合は、湯揚げする

水を与えない時間が長かった場合や、雑菌の繁殖で状態が悪い場合は湯揚げをおすすめします。

新聞紙で花を包み、湯気に花びらが当たらないようにしましょう。
その後、沸騰したお湯に茎の先端を10秒ほど浸けておきます。
お湯につけた部分の茎は切り、水につけてください。

風通しの良い場所に置く

スイートピーは湿度に弱いお花です。
直射日光は避け、風通しの良い場所に置いてあげてください。

スイートピー「グレース」の花言葉

グレースがもつ花言葉は、「永遠の喜び」「門出」「繊細な喜び」などです。
入学・卒業シーズン・新生活のお祝い、ブライダルフラワーとしてもぴったりです。

瑞々しい花材や、肉厚な花材とも相性が良く、チューリップやヒヤシンスなどの花を添えて渡すとより素敵です。

  • この記事を書いた人

Bloom Note編集部

Bloom Note(ブルームノート)編集部です。お花のお手入れ・アレンジメント方法から、お花屋さんの仕事に必要な知識まで、お花が好きな全ての人に役立つ情報を配信しています!

-花図鑑